君のハートをテイラー展開

「Z」です。 友達への近況報告と、小さな会社経営者の日常を紹介します。 けっこう自分用備忘録も多いです。

先生超え

中学校の同窓会に行ってきました。

幹事をやってくれた大将、サンキューな!

集まったのは学年全体の6分の1くらいだろうか。

先生が3人だけ来てくれたけど、それがたまたま自分の1〜3年のときの担任。

当時としては多少なりとも快く思っていなかったところがあったような気もするが、20年経ってすっかり老けた先生方を見ると、とにかく元気そうで何より。

先生からビールを注いでもらうと、なんだかジーンとくるものがある。

さて、同窓会なので当然ながら同い年の連中が集まるのだが、自分よりハゲた奴を見て勇気をもらおうと出かけていったのだが、やっぱり自分が一番キテいた…。

先生を超えた!


さて、次回は5年後だそうな。

そのときも胸を張って出られるよう、毎日を全力で戦おう。

経営コンサルタントの労災?

全く冗談のような話だが、首が痛くて病院に行ってきた。

軽いムチウチで、ずっと誰かを肩車しているような感覚。


経営コンサルティングに取り掛かるとき、いろいろな角度からクライアントの会社の現状を調査・分析する

決算書はもちろんのこと、アンケート、クライアントのさらにお客さんへの訪問調査など。

その中でもはずせないのが、ドロくさいけど社員への個別インタビュー

今週はたまたま昨日まで3日連続でひたすらインタビューをやっていた。

時間は、ひとりあたり30〜40分。

その会社の本質をつかむべく、社員から本音を聞き出すには、短時間である程度の信頼関係をつくらなければならない。

わずかな時間で信頼を得るには「共感」が不可欠。

そのためには、聞いた話に対してとにかく肯定する。

主に、その会社の問題を聞き出すのだが、相手が話す”問題”には、本当に会社の問題なのと、単にその人のわがままとがある。

わがままと思っても「そうですねー!」とか相槌打って共感を示す。

しかも若干のオーバーアクションで。

で、この3日間、せっせと首をコクコクしてうなずいて「そうですねー!」「大変ですねー!」とやっていたところ、昨日の夕方首が悲鳴を上げ始めた。

まったく冗談みたいな話だが、うなずきすぎてムチウチ!

こんなの地球上で私だけじゃないのか!?


 | HOME | 

Appendix

Z

Z

名古屋で法人向けクラウドサービスの会社を経営。
元SE、元経営コンサルタント。
ビール大好き。

Twitterは、@CaptainKamikaze

本家HPと1999年〜2007年8月の日記は「こちら」





DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2011-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks