君のハートをテイラー展開

「Z」です。 友達への近況報告と、小さな会社経営者の日常を紹介します。 けっこう自分用備忘録も多いです。

しだっくす祭り

前の会社の同期のしだっくすの結婚式で上京してきた。
仲間内に呼びかけ、「前日20時頃上京して金曜に前夜祭を!」と思ったけど、残念ながら前日は山形の方でシゴトで新潟に戻ってくるのが遅かったので、当日移動。

結婚式は、友達の人生の節目に立ち会えることに大きな喜びを感じる。
…トシとったかな?
余興は定番のしゅんすけのムービーがスゴかった。
あの感性をわけてほしいと思う。

2次会は基本的に同期メンバーだけで開催。
同期飲みは俺にとって最大の「癒し」。
楽しかったー!

さて、2次会でのみんなの話を、俺の泥酔したアタマで総合すると

1.こうちゃんに彼女ができた!
2.シンにはなぜか、彼氏ができた!!
3.どらにも彼氏ができてしまった!!!
4.シンとどらは、親密な旅行にでかけた!!!!
5.F氏は実はドーテーである♪

さて、次に招待されるのは誰の結婚式だ?

マイ本棚 44

77.「資金繰り完全マニュアル」 川北英貴著

元銀行員のコンサルタントが書いた資金繰りの本。
資金繰りに困っているクライアントがいて、あの手この手を使っているのだが、ほかにもいい手がないかと思って買ってみた。
もともと知っていた手法がほとんどだが、はずかしながら「リスケ」は知らなかった。勉強になった。
あと、「こうすれば借り入れしやすい」というノウハウ集がよかった。


78.「経営はロマンだ」 小倉昌男著

日経の「私の履歴書」に連載されてたヤマト運輸の2代目社長の自伝。
お上にたてついてはイジメられ、それでも負けずにがんばってきたという半生が痛快で、私の履歴書シリーズでは一番よかった。
本人はたてついている意識はなく、「おかしいことはおかしい」と言っているだけなのだが。
しかし、役人は本当に腹立たしい存在だ。
あいつらが日本をダメにしている。


79.「トヨタ販売方式」 石坂芳男著

トヨタ生産方式に関する本はいろいろ読んだけど、販売方式も知っておこうと思い買ってみた。
これを読むと、生産だけでなく、販売も現場主義なのがわかる。
トヨタの強さの本質は、「カイゼン」という言葉もあるように強い現状否定の精神にあると思う。


80.「人材評価着眼点シート」 野原茂著

楠田丘さんの弟子が書いた本。
大きく分けて、人材評価の概要と、評価着眼点事例の2つからなる。
前半は人材評価の本質をつくようなことが詰まっていてよかった。
後半の人材評価の着眼事例もシゴトで使えそうだ。

マイ本棚 43

76.「小説 会計監査」 細野康弘著

秋爺が本を貯め込むと、ヨメに捨てられてしまうとのことで引き取った本。
元中央青山監査法人の会計士が、カネボウの粉飾事件などを小説風にアレンジ。
いちおう「小説」なので、「ムトーボウ」とか「月光証券」とか書いてあるけど、名前を若干変えてあるだけで、かなりノンフィクションだと思われる。
もしノンフィクションなら金融庁はヒドい連中だと思うがその辺どうだろう?
なんだか「セントラル監査法人は全く悪くない」というような論調だけど。
とりあえず勉強になった。

バスに追いかけられる

会社から終バスで帰り、自宅そばのバス停で降りた。
バスの進行方向と同じ方向の家に向かって歩きはじめた。
乗っていたバスはしばらくその場で止まっていて、再び動き出した。
ところがそのバスは俺の横でストップ

!?

「お客さーん、カサ忘れてませんか?」

おおー!なんとご丁寧に!
きっと都会ではありえないエピソードでした。


ところで、今日のオリンピックの400mリレーはスゴかったな!
シビレた!
アメリカなどが既に散っていたとは言え、それも実力のうちでしょう。

お盆ホリデー5日目

10時頃ヨメの実家を出て、新潟に移動。
先日首都高の池袋付近でタンクローリーが横転炎上する事故が発生して、近辺は車線規制されているらしいので、避けて帰ろうと思っていたんだけど、うっかりそこを通るルートを選択してしまった。
が、ちょっと混んでいる程度で、さほどの渋滞はなくてよかった。
事故現場はそばのマンションの壁までコゲてて、そうとうな燃え方だったんだと思う。

16時頃自宅に到着。
大型連休明けはいつものことだけど、明日のシゴトがかったるい。

お盆ホリデー4日目 〜妙典ロックフェスティバル〜

小学校の友達の秋爺の家にノートPCとビールをもっておじゃま。
なぜかというと、秋爺が持っている大量のメタル系CDをPCに取り込むためなのだ。
ブルーマーダーとかソナタアークティカをPCに取り込みつつ、いろんなアーティストのライブDVDを鑑賞。
時間の都合上、DVDはホワイトスネイクとブラインドガーディアンしかコピーできなかったが、今度はナイトレンジャーと、バンド名忘れたけどデスメタルのDVDもコピらせてもらおう。

あと、俺以上に本を読む人なので、本棚に入りきらないビジネス系の本をいくつかもらってきた。感謝!
ウチも本の保管方法をそろそろ考えないといかんなあ。

19:30頃辞去して、津田沼で幼馴染と飲んでいるヨメと合流。
残念ながら、その子の旦那と妹が来れなくて、3人で飲むことになってしまったけど楽しかった。

お盆ホリデー3日目

ヨメの実家の千葉に移動してお義兄さんたちと焼肉。
正月の2日に移動したときは、昼過ぎに名古屋を出て、帰省ラッシュにつかまり、着いたのが23時と、お義兄さんたちに大迷惑をかけてしまったので、今回は10時に出発。
まだ15日ということもあるせいか、渋滞らしい渋滞にもつかまらず、16時頃ヨメの実家に到着。
今回はしっかりとお義兄さん達と楽しむことができました。

お盆ホリデー2日目

竜泉寺のスーパー戦闘がリニューアルされたらしいので行ってみた。
前はしょぼかったけど、露天風呂も充実して大きくレベルアップしていた。
コレはオススメだ!

その後、四日市まで墓参り。
(ウチのルーツは四日市)
墓参りのついでに、世話になっているお寺にも立ち寄ったんだけど、人なつっこいメタボ猫が2匹いた。
ウチの猫の2.5倍くらいの大きさだった気がする。
写真とっときゃよかった。

お盆ホリデー1日目

せっかくお盆休み(5連休)なので、記録を残しておこうと思う。

1日目は新潟から名古屋に移動して、夜は高校の友達と飲み。
11時前に出発。
いつもは長野経由で帰るんだけど、先月東海北陸自動車道が全通したので、ちょっと遠回り(約30キロ)して帰ってみた。
東海北陸道はほとんどが片側1車線ずつなので、追い越しのチャンスが少なく、スローペースになってしまうんだけど、眺めはよかった。
なんか癒されるかんじ。
道中はオリンピック中継を見ながら(俺は運転なのでチラ見しながら)なんだけど、東海北陸道は山の中で電波状態が悪いので、イエモンのライブDVDと、2006年のワールドベースボールクラッシックのDVDを見ながらのドライブ。

実家につくと、親は不在。しかもうっかり実家のカギを新潟に忘れてきたのでしばし待つことに。
それで飲みにはカルく遅刻。これで高校の飲みには3回連続の遅刻。反省。
飲みは”予定通り”泥酔して帰宅!

マイ本棚42

73.「仕事の5力」 白潟敏朗著

白潟さんの書いたISO関係の本がとてもわかりやすく、きっとアタマのいい人なんだろうと思っていたが、一般的なビジネス本も出していることがわかったので買ってみた。
仕事をすすめていく上で大事な「聴く力」「考える力」「話す力」「書く力」「時間力」の5つの力について書かれている。
基本的には社会に出たての人を対象にしているんだろうか?
非常にカルい文調でかかれている。俺はあんまり好きじゃじないけど。
白潟さんも経営コンサルタントなので、結局のところ考えていることは自分とだいたい同じだなーと思った。
新入社員対象であれば良書だと思う。


74.「チームマネジメント」 インタービジョン総合研究所著

FFS理論に基づいたチームマネジメントの本。
FFS理路は、海兵隊で開発されたもので、人を思考行動パターンから「リーダーシップ型(率先垂範)」「マネジメント型(改善支援)」「タグボート型(絶対死守)」「アンカー型(先遣偵察)」の4つに分け、生産性の高いチーム編成づくりに役立てようとするものである。(細かく言うとちょっと違うが)

理論は理論で役に立ちそうだが、システム導入のプロジェクト(約90日)について、いろいろなパターンのチーム編成(補完型集団、同質型集団、無作為)について、生産性の実測データが書かれているのがすごい。
かなりお金のかかる実験である。
その実験に基づいた理論なので、非常に説得力がある。

ちなみに、転職活動のとき、ある会社でFFSの試験を受けたら自分は「リーダーシップ型」だった。


75.「思考・論理・分析」 波頭亮著

波頭さんの本は堀紘一さんの本と同じく、本質をよく突いており、ズシッと腹に響いて面白いので買ってみた。
そもその「思考とは何か」「論理とは何か」「分析とは何か」という点から入っていて、同じようなタイトルの本でも、こういう記述はあまりないだろう。
特に、以下の内容がよかった。

 帰納法は実証科学的であり、演繹法は純粋論理的である。
 論理として絶対に正しいと言い切れるのは演繹法であるが、
 演繹法の前提条件は、帰納法により証明されたものである。

言われてみればそのとおりだが、腹に響いてよかった。

 | HOME |  »

Appendix

Z

Z

名古屋で法人向けクラウドサービスの会社を経営。
元SE、元経営コンサルタント。
ビール大好き。

Twitterは、@CaptainKamikaze

本家HPと1999年〜2007年8月の日記は「こちら」





DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-08 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks