君のハートをテイラー展開

「Z」です。 友達への近況報告と、小さな会社経営者の日常を紹介します。 けっこう自分用備忘録も多いです。

マイ本棚 30

48.「仮説思考」 内田和成著
自分用メモ
1.実験する前に論文を書く
要するに仮説を立てて全体のストーリーを組み立てた後、検証する
2.よい仮説の条件
(1)掘り下げられている
(2)具体策に結びつく
3.定量分析の基本
(1)比較
(2)時系列
(3)分布
(4)因数分解
4.「勝ち星は逃しても、教訓は手に入れろ」by ボビー・バレンタイン

漢漬(おとこづけ)

新津の日帰り温泉の花水に行ってきた。
ここは女性用浴場が「フローラ」って名前がついているなど、かなり女性を意識したつくりになっている。
で、風呂から上がって、缶ビールを飲む。
これもオートマのエスティマ様のおかげです。

帰宅後、昨日漬けた大根の漬物を食す。
…いまいち。
大根を1.5cmの厚さに切ったが、厚すぎたか。
今度はもうちょっと薄く切ってみよう。
とりあえず「漢漬(おとこづけ)」と命名。
満足のいくものができたら、新潟名産として友達にもわけてあげよう。

オヤジになった日

子供が生まれた…わけではありません。
漬物づくりをはじめました。オヤジ化!
もともと漬物が好きなこともあるけど、酒のツマミを自分でつくるってカッコいいから。
とりあえず、大根を買ってきて、一口サイズに切り、GWにヨメの実家でもらってきた漬物容器に入れた。
明日の夜には食べられると思うので楽しみだ。

関係ないけど、ブラウザにFirefox/2.0.0.14を使ってるんだけど
不意にディスクIOが激しく発生して、半フリーズによくなる。
なにかいい手はないものか?

マイ本棚 29

44.「渡邉美樹のシゴト進化論」 渡邉美樹著

ビジネス誌に連載されていたものが単行本化されらもの。
先日酷評したものとは違って、これはよかった。
「社員も株主も同じ志を持つ同士、同じ志のために時間を提供するのが社員、お金を提供するのが株主という違いがあるだけ」
という一節には「なるほど」と思った。


45.「プロフェッショナル原論」 波頭亮著

ゴルゴ13やブラックジャックのようなプロフェッショナル(ここでは「プロ」と「プロフェッショナル」は異なる)はどうあるべきか。というようなことが書かれた本。
書かれているプロフェッショナルの定義に従うと、経営コンサルタントはプロフェッショナルらしいが、残念ながらウチの会社は違うと思った。
かなりストイックな内容だが、社会人は一度読んどいた方がいいかも。


46.「賃金表の作り方」 楠田丘著

現在の日本の賃金制度はほとんど楠田式か弥富式らしいのだが、そのうちの楠田さんの本。
先日読んだ菊谷寛之さんの考え方も楠田式がベースである。
非常にわかりやすく書かれている。
ちなみに「人事考課」という言葉は、この人が作ったらしい。
この人は大正生まれで、理学部数学科を出たのに、賃金の第一人者ってのもすごいな。


47.「正しい賃金の決め方」 弥富賢之著

こっちは弥富式の本。
昭和52年の本で、定価9800円のところを、amazonの古本で300円で購入。
楠田式とは対照的に、非常にわかりづらい。
仕組みがわかりづらいというより、文章がわかりづらい。読んでて腹立たしくなる。
この人は東大卒らしいんだけど、頭がよすぎるがゆえに、達意力が弱いのか!?

俺の元冷蔵庫

学生のとき6年住んでたアパートの最寄りのコンビニの前をシゴトで通り掛かったらツブれてた。
せつない…。
ちなみにそこで働いてた店員が、いま住んでるとこの最寄りのコンビニで働いてる。
学生のとき住んでた場所からは10キロくらい離れてるんだけど、何かの縁かも。

マイ本棚 28

43.「強運になる4つの方程式」 渡邉美樹著

つい最近出たこの本を読んで、渡邉美樹の潮目が変わったと思った。
今までは渡邉美樹の本は何を読んでも面白かったけど、この本は違った。
若い頃お世話になった会社を実名を挙げて批判してるし、言い訳めいたことが多いし、部下の失敗を自分の失敗だと思っていないフシがある。
はっきり言ってダサいと思った。

だが、中3のとき「信じるものしか救わないのはおかしい」と気づき、キリスト教の宣教師になるのをヤメた。というエピソードはよかった。

今後、渡邉美樹あるいはワタミに何かが起こる気がする。



「すべての『見える化』で会社は変わる」 長尾一洋著

賛同できる内容の割合としては少なかったが、得たものは多かった。
1.経営目標、方針のKGI、KPIの見える化
2.先行指標(プロセス等)の重要性
3.PDCAの回る日報の書式
4.他社が嫌がる仕事をやっていくと、いつの間にか他社がやりたくてもできない仕事になる。
5.機能的ドメイン設定。(医薬品製造業→健康回復支援業etc)
6.評価と方針のリンク。
7.営業活動タイマー

マイ本棚 27

40.「続・大空のサムライ」 坂井三郎著

俺の大好きなゼロ戦パイロット坂井三郎の本。
優秀なパイロットはアタマも切れるんだろう。文章にもセンスがあると思う。
坂井三郎の本は読むたびに自分に気合を入れてくれる。まあ猪木のビンタみたいなもんだ。
http://www.youtube.com/watch?v=2FQ5UK1XPmo


41.「使う!論語」 渡邉美樹著

最近論語が静かなブームなので読んでみた。
要するに「人はどのように生きるべきか」という内容なので、「確かにそのとおりだ」と思うことは多いがその反面。何を今更…ということも多い。
とりあえずタメになった


42.「孫子の兵法」 安恒理著

みなさんも一度は耳にしたことがあろう「孫子の兵法」が図解を交えてわかりやすく解説してある。
戦いに勝つための「勝利の方程式集」みたいなもんだが、シゴトでも活かせそうだ。
時間をおいてまた読んでみよう。

ハワイ 5日目

朝ホテルを出てホノルル空港へ。
セキュリティチェックで缶ビールを没収されるので、持っていた缶ビールを3本飲み干す。

出発ロビーに元中日の与那嶺のユニフォームなどが展示されていた。
彼はマウイ島の出身らしい。知らんかった。

ホノルル空港


成田に着くと、3日の夜だった。
ホテルを出たのは2日の朝なのに。
1日損した気分だ。

トラトラトラ

ワイハから帰国しました
真珠湾も行ってきました
また今度日記をまとめてアップします

ハワイ 4日目

11時に起床。
DFSのそばの地下フードコートの一角にあるアクア・カフェでロコモコを食べる。
アクアカフェ


午後はホテルのビーチでビールを飲みながらまったり。
ワイキキ


波打ち際からほんの5メートルくらいのところで50センチくらいのウミガメを見た!すげえ!
デジカメをとりに行っている間にどっかにいっちゃった。
ビーチで借りたタオルといっしょにお気に入りのサングラスを置いておいたら、タオルと一緒に持っていかれてしまった。
係員にその旨をうったえると、回収箱を指差して、自分で探せとのこと。
なんてことだ!?一流ホテルだと思っていたのに。
もしまたハワイに来ることがあっても、サーフライダーだけはやめとこうと思う。

夕食はクヒオ通りのギャラクシーでロブスターを食べた。
ロブスター


その後、ABCストアで追加のお土産を買い込んだ。

 | HOME | 

Appendix

Z

Z

名古屋で法人向けクラウドサービスの会社を経営。
元SE、元経営コンサルタント。
ビール大好き。

Twitterは、@CaptainKamikaze

本家HPと1999年〜2007年8月の日記は「こちら」





お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2008-05 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks