君のハートをテイラー展開

「Z」です。 友達への近況報告と、小さな会社経営者の日常を紹介します。 けっこう自分用備忘録も多いです。

全國ツアー中止

「全國ツアー」と言っても新潟エリアだけですが。
来週、上越市で予定していた俺の講演会が3人しか申し込みがなくて中止になりました。ぺこ…。
4月に鶴岡市。6月に十日町市で講演し、シリーズ第3弾だったんだけどな。
9月は会津若松と新潟で予定があるのですが、どうやら会津若松もヤバい。
現時点で申し込みが2名。どうなることやら。
あー、テンション下がるなー。

はじめてのおこづかい

ニュースで高校野球の決勝をみたところ、スゴい試合だったようだ。
お盆にちょっとだけ、テレビ中継を観たけど、面白い。
球児たちの一生懸命さが伝わってきて、内野ゴロひとつとっても感動を感じる。

ところで、子供のとき、小学校3年生から親から小遣いをもらうようになった。
毎月1日に300円。8月まで貯めて、何に使ったかというと「高校野球観戦」
忘れもしない1984年8月10日。66回大会の3日目。
当時は大阪の箕面市に住んでたんだけど、貯めた小遣いを握り締め、あきじいとともに電車、バスを乗り継いで甲子園に向かった。
銀傘の下の1塁側の端の最上段から観ていた。
第4試合は愛知の亨栄×KKコンビ率いるPL学園。
結果は14−1で亨栄は負けた。
それが、「はじめてのおこづかい」の使い道だった。
その後も友達を誘っては高校野球を観に行き、86年には後に初登板ノーヒットノーランをやってのけたエース近藤真市率いる亨栄×東海大甲府を小学5年ながら1人で観に行ったこともある。

以上、特にオチはありません。

SE再び…

シゴトで「システムの見積もり演習問題」を作ることとなった。
大きな声じゃ言えないが、俺の意に反して…。

で、テキトーな架空のシステムを簡単に設計する。
ところが、金額の見積もり方がわからない。
大雑把なやり方はわかるんだけど、問題作って、さらにお客さんに説明するとなると厳しいものがある。
見積もりと言っても、「規模の見積もり」「金額の見積もり」と大きく2つのステップに分かれる。

先週15日の午前中に、演習問題を作って先方に持って行くことになったんだけど、演習問題を作ることになったのが14日の19:40。マジかよぉ…。
まずは第1ステップを固めるべくダッシュで本屋さんに行き、システムの見積もりに関する本を2冊購入。さらに第2ステップのために前の会社の同期(営業)に電話で一般的な予備費、営業利益などの割合を聞いて、突貫工事で演習問題を作成。
翌15日に先輩と先方に持っていくと、
「欲しいのはこういうのじゃないんだよなあ」
とのこと。オイオイ聞いてないよー!

それで再作成し、23日に持っていくことに。
演習問題を考えれば考えるほど、見積もりのことがよくわからなくなり、再度同期たちに相談。
いい回答が得られました。演習問題もきっといいものが作れるでしょう。
協力してくれた同期たちに感謝!
いつか酒おごります…が、出世払いで頼む!

衣食足りて礼節を知る

4日前の水曜日、オートバックスでブレーキパッドを交換してもらおうとしたところ、「クルマが社会不適合すぎるのでダメ!」と作業を断られた。
ダメな理由を紙に書かれたのですが、
1.最低地上高9cm未満
2.マフラー音量オーバー
3.ナンバー取り付け角度不正
4.大気開放式ブローオフバルブ使用
だそうな。
経営コンサルタントはよく「できない理由を並べるな!できる方法を探せ!」とキレイごとをぬかすのですが、オートバックスにわめいても仕方ないので、今日あらためて学生のときからお世話になっているサカモトエンジニアリングで修理してもらった。
よくよくメカに診ていただくと、実はブレーキパッドは残ってるんだけど、「キャリパーがゆがんでローターに接触」「冬に凍結防止剤としてまかれる塩カルによって、キャリパー内の部品がサビで固着し、あまりブレーキとしての機能をなしていなかった」という複雑な症状だった。

ついでに、排気漏れを治してもらった。腹下をこすりすぎて、立派な穴が開いていたのですが、溶接でふさいでもらった。
クルマはそれなりに静かになり、若干上品になったかんじ。
トルクもかかるようになったし、満足満足。

で、修理工賃わずか14,700円をカードで支払う俺…。
あー、貧乏はしたくないものだ。
帰り際、
メカ:「このクルマいつ買ったんですか?だいぶキテますね。」
俺:「寿命ですか?」
メカ:「そうかもしれません」

金のあるうちにいろいろ治しとくべきだった。いや、お上品なクルマを買っておくべきだったか。
「衣食足りて礼節を知る」というコトバがあるが、金がなきゃクルマもお下品なままだ。

空のF1

ついさっき、ニュースJAPANで「エアレース」を紹介してた。
すげえ!
http://www.youtube.com/watch?v=ntVBN0W3fpA

希望

結婚式の余興で使用するとのことで、友達から小さい頃の写真の提供を求められた。
実家で小さい頃のアルバムをひっくり返し、いろいろ写真をピックアップしたところ、自分でも吹き出す面白い写真があった。
親の話によると、選挙で近所の小学校へいったときのものらしい。
バックには「希望」とかかれた像が写っているのだが…。


0歳にして、今後の人生を憂いているのか…。
これじゃ「希望」というより、「絶望」だよぉ!(にしおかすみこ風に)

オーバーヒート

発熱でダウン

残業と父親

自分も含め、周辺には労働時間の長い連中がたくさんいるのですが、シゴト柄、ヨソの会社の社員に対し労働時間の長さをなだめたりすることもある。
そこで、自分の今までの労働時間と父親のリアクションの関係をまとめてみました。

レベル−1
:職についてない。「毎日が土曜日(休みで、かつ翌日も休みの状態)。イエーイ!」と思いつつ、毎日は飲み仲間もつきあってくれず、たまに自己嫌悪になり、親からもぶーぶー言われる[筆者の職安時代。親からの風当たりは、大学の留年直後以上だった。]

レベル0
:毎日定時ダッシュ。健康![筆者は父親とスカパーでドラゴンズ戦を鑑賞し、仲良くドラ談義に花を咲かせていました]

レベル1
:残業が月80時間くらいまで。「毎日忙しくてさー!」なんて半ば自慢げに友達連中にぶーぶー言ってる状態。実は私生活にさほど影響なし。[筆者は父親から『父さんも若い頃は100時間残業してなー。若い頃はそれくらいでちょうどいいんだ』なんて言われてた]

レベル2
:残業が月150時間くらいまで。多忙だが、中途半端に人生を考える時間があるから、ウツっぽくなる人が出てくる。いかにシゴトにプラスの意味を見出すかと、わずかなプライベート時間を楽しくするかがポイントとなる。[筆者は父親から『いや、父さんも若い頃は100時間残業したが…。明日は出勤前に母さんからリポDもらって飲んどけ』と言われてた。]

レベル3
:残業が月250時間くらいまで。ウツになる時間、人生を考える時間なし[筆者は父親から『リアップ買っといたぞ。置いとくから使ってくれ』と言われてた。ちなみに母親は、残業手当でエライことになった給与明細を神棚に上げてました]

レベル神:残業月250時間オーバー。すまん。俺も未経験。マイミクでそれっぽいヤツいるけど、心配です。

かわいそうな愛機

お盆休みなんで、実家に帰名しました。
本当は11〜16日まで6連休のはずが、仕事がないのは12、13のみ。
あれ?2連休って「土日」と一緒じゃんよ…。

で、愛機スープラで帰名したんですが、あちこちガタが出てきた。

1.左リアのブレーキパッドがない。
  おかげでブレーキを踏むたびにいやな感触が…。
  で、なるべくエンジンブレーキを使っている状態
2.カタログスペックでは280ps、45kgmのエンジンだが、
  その3分の2くらいしかパワーが出てない気がする。
  センターパイプを中心に、排気系の穴が悪化してるんだろう
3.リアタイヤのロードノイズがうるさい。
  すぐケツが流れるし、やっぱりタイヤからワイヤーが出そうな
  かんじなのはやばい

金ないけど、ブレーキだけはなんとかしないと。

ザ・ルーズ

とある会社の業績発表会&飲み会に出てきた。
で、ワカゾーのクセに、全社員の前でゲキを飛ばしてきたわけです。
「センセー!センセー!」
B’zの「ザ・ルーズ」という曲を思い出した。
「こんな僕でもここじゃセンセイ♪」

 | HOME |  »

Appendix

Z

Z

名古屋で法人向けクラウドサービスの会社を経営。
元SE、元経営コンサルタント。
ビール大好き。

Twitterは、@CaptainKamikaze

本家HPと1999年〜2007年8月の日記は「こちら」





DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2007-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks